【わがれんむいの掲示板 兼 百姓日記】

わがれんむいのけいじばん
兼 百姓日記


※投稿の際、編集/削除キーを設定すると編集削除に便利です
※画像のアップロード可能な最大ファイルサイズは、500KBです
※迷惑投稿対策に禁止ワードを設定しました(16/7/24)
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

夏野菜 - つよし

2017/06/21 (Wed) 07:38:13

サニーレタス出荷がほぼ終了となって、稼ぎの代わりが夏野菜のズッキーニとコリンキー。単価低くいですが、これから数が増えて来ますから楽しみです。

ニガゴイやオクラは種蒔いたばかりでまだまだですが、待ちましょ!オクラは白・赤・緑の3色を袋詰めに。
ヤオコー店頭の低価・大量品にも『朝採り・無農薬無化学肥料』をアピールすれば2~3割高めでも十分に太刀打ち出来る様になって来ました。
因みにズッキーニはヤオコー価格98円に対し、こちらは148!

コリンキー - つよし

2017/06/21 (Wed) 07:39:25

コリンキーもこれから忙しくなります。

幼馴染 - つよし

2017/06/14 (Wed) 01:56:56

昨日の06:00前、残り数mとなったラッキョウ掘りに懸命になっている時、ヒョンと彼の事が脳裏をよぎりました。
『そう言えば長い事メールも何も来ちょらんがね?何時からだっけ?』。仕事中断して直ぐに携帯鳴らしてみたけど、『現在使われておりません』。
嫌な胸騒ぎに、7時になるのを待って彼の妹くんに電話。
『正月元旦に自分の部屋で冷たくなっていたの。心臓病で・・・』。

この掲示板の畑の様子を覗いては的確なアドバイスを送ってくれたり、キバレ!ガンバレ!と送ってくれたり。
同じ大木場の幼い頃からの同級生が、また一人居なくなってしまいました。
この十数年間ほどは健康に恵まれず長い療養生活でしたが、帰郷すれば会いに行き、病院の木陰でいっときばかりを過ごしたりはしていましたが、何故にもっとメールでも頻繁に遣り取りして来なかったんだろう・・・悔やむ事しきりです。
彼からの最後のメールが何時だったのか?どんな内容だったのか、懸命に振り返っていますが思い出せません。

仲間(同級生)の誰からも半年以上の知られずにひっそりと・・・
ただでさえさみしい事なのに、可哀想でなりません。
せめての手向けに・・・と、同じ大木場の仲間たちや3年C組で一緒だった同級生たちに『義人くん、亡くなっていたよ』と報せやる早朝の畑ん真ん中でした。 合掌

7年ぶりに - つよし

2017/05/01 (Mon) 22:06:29

明日は神奈川から二人埼玉から一人、妹たちのどおきう生幼馴染が遥々千葉まで出張ってくれて、みんなで灰汁巻き作りです。

竹ん子ん皮40枚を洗いながらの灰汁作りでした。
餅米5㎏を今夜一晩灰汁に浸して置けば、出来上がりまでの半分以上は完成かな?
明日、畑の大鍋で煮込みます。7年ぶりのアン巻っ作いです。

90点? - つよし

2017/05/02 (Tue) 19:53:24

良い色合いでしょ!?
味も香りもバッチリの仕上がりで90点?
5㎏の餅米で40本ほどの完成でした。

10時前の駅迎えは、3人と会った瞬間にわがれんむい・生まれ故郷大木場の言葉丸出しでした。
帰りの駅送り5時までの7時間余りをず~っと、大木場ん言葉での会話、こんなに嬉しい事はありません。

遠くは、4時間も掛かった・・・って。
この次は前の晩からか、一晩泊まりで是非おいで!と。
自分たちのお喋りばっかりで、お互いの良く知っているちちはは達の事は何も語る時間無かったよ。

それにしてもこのジジイ、幼い頃からのままの呼び方。
孫もいる齢となった彼女たちを今なお『呼び捨て』のままで。
一度でいいから『・・・ちゃん』と呼んでみたいものです。

竹ん子ん皮拾い - つよし

2017/05/25 (Thu) 18:14:17

地元知人を訪ねたら『豆採って行け!』。
畑に行くと周りは孟宗の竹林。スナック豌豆と空豆採りはカカに任せて竹藪へ直進。

真っ直ぐに伸びた新竹の周りに落ちてる!落ちてる!
瞬く間に100枚ほどを拾い集めて上機嫌。
来年、再来年のあく巻き作りに使います。

ずう~っと昔々、3~4年生の頃の子供の日前。
仲間たちと集落中の竹林を回っては竹ん子ん皮を拾い集め
榊や越路の竹ん子ん皮の無い土地に行っては、10枚10円だったかで売り歩いていたがね・・・
4~50円位は稼げていたのかしら?
遥かな昔の記憶甦っていた今日の竹林でした。

ジジあん巻き - つよし

2017/06/11 (Sun) 01:59:08

最年長の前田さんは出水、山向うの田んぼ畑を手広く営む根本さんは錫山からの婿養子だって。加治木出身の前田さんに一番若い根占出身の徳永さん。
奥さん方も加わってのあん巻き作り。
竹ん子皮での包み方もそれぞれに、2時間ほどで煮上がった”製品”もそれぞれに面白い形の55本!

お昼丁度の試食会?は、周辺で作業中だった地元の3人も加わってくれて、『美味いな!灰汁がもうチョコっとちょっとかな?』等々と賑やかなもんでした。

5月の物との違いは餅米だけ。
来年は前回と同じ餅米を早々に頼んで置きましょ!
やっぱり、地元老夫婦が丁寧に仕上げた餅米が美味しい!
それに竹ん子ん皮が残り乏しくなったので、雨降り出す前にまた拾い集めに竹藪に入りましょ。

売れたい売れんかったい - つよし

2017/05/29 (Mon) 03:44:26

この春の第2弾種となったサニーレタス類が次々と育ったのは良いものの、野菜作りは何処も同じで各店頭は野菜ばかりが並び、安値競売の様相。
まだまだ300株位残るレタス類は日増しに大きく育ち、100株ほどは丸のままで販売出来ましたけど、青虫の類も日増しウヨウヨの状態で、数種類をこれからはまた一株ずつ水洗い・パックしての作業再開です。
脇では次々にとう立ちして花咲く準備の物も多数有って、失敗と反省ばかりの連日の畑。
紫キャベツばかりでなくてこれ等のレタスにも、ちゃんと防虫ネットを掛けて育てるべきだったのに。ネットは何列分も放置したまま。怠慢!

こんな中で収穫期となった写真の様なチコリ・トレビスが少しの希望で、パック野菜の中に入れて彩りを添えてくれそうなんですが、それでもまだまだの価格引き下げしないと駄目みたい。
白菜みたいな緑のチコリは人気皆無の状態だし・・

まだまだMarketの開拓必至!

全然売れんど! - つよし

2017/06/07 (Wed) 18:21:07

紫キャベツ、こんなにきれいな彩りなのにね~
日曜日に4分の1カット148円で並べてみたけど一つも売れんかったぁ!
畑には丸々と太った物がまだまだ40個は転がっているのに、どげんしましょ?大きな夜盗虫が芯近くまで入り込んで喰い散らかしている球も出始めてるよ~

マーケットが読めない!またまた失敗!! - つよし

2017/06/04 (Sun) 18:50:33

3㎞ほど離れた市内の公園での日曜市に出店を誘われて、5時からの畑でサニーレタス50株とラッキョウ22袋(30㎏)を積み込んでイザ出陣!

40年以上前に最盛期となった地域で、どちらかと言えば高齢者ばかりの町。
またまた”Market”を読み違えてしまった・・・と言うよりは、欲の皮を突っ張らせての皮算用の先走り。

一つ100円で始めた値札は、早々と昼前には50円に。
それでも売れ残り半分以上!らっきょうも同じ有様!
こんな事になるのだったら真面目にパック野菜を作って、ヤオコーの店頭に並べた方が良かった!



ダッキ収穫開始 - つよし

2017/05/25 (Thu) 03:04:53

まだ青々と茂った葉っぱを見ると勿体無い思いもしますが、3日ほど前からダッキ(らっきょう)の収穫を始めました。
この20年間で一番早く、病気や生育不良も皆無で最高の出来上がりです(各スーパー販売価格の高さを見ての早掘り)。
20m畝の一列が間もなく収穫完了。30㎏以上は掘っていますから畑全体では200~300㎏となる・・・?と、いつもの皮算用。

ずう~っと昔々の幼い頃からダッキは大好物!
収穫の手伝いも嬉しくて堪らないものの一つでしたが、カンカン照りのお日様の下では大変。しゃがみ込んでの作業で引き抜く作業が腰・背中の痛みに直結です。

梅雨入り前に終えたいですがジャンボにんにくや玉ねぎの掘り取りも始まるし、しんどいながらも嬉しい『収穫』が続きます。

写真、しっぽの長さに驚かれるかと思いますが、短く切られて販売されている鹿児島産らっきょう達の再発芽が始まっているポリ袋の様子が大嫌いで、青い葉っぱギリギリまでの長さにして再発芽の出ない様にしています。その分、20%の増量対応です。 

豊作は嬉しいけど・・・ - つよし

2017/06/02 (Fri) 00:39:40

スーパーや道の駅、ホームセンターでの売れ行きも好調で言う事無しなのに、連日の掘り取り作業が大変!
20㎝高さの発泡スチロール腰掛に座りながら、力一杯出してのの引き抜きが難義でならんと。前かがみになって作業はただでさえ腰背中に響くのに。

一番の出来栄えとなっている2列の25m畝の収穫を数m終えたばかり。こんな有様では、全部の収穫が終わらない内にバテテしまいそうです。

こんな事に・・・ - つよし

2017/03/24 (Fri) 01:26:36

こんな時間に『コリンキーふぁーむ』で検索してみたら
https://www.hiramatsurestaurant.jp/iconic/news/
5月13日、銀座のど真ん中でこんな事に・・・
人前は何ともないけど、着て行く物が。
地下足袋?泥んこの長靴?麦わら帽被って?Tシャツで?

去年四月末の出会いでしたからまだ1年にもならないのに、ひらまつレストランと言う素晴らしい会社のシェフたちのお陰で、毎日が楽しくてならない百姓生活です。
いっぺこっぺなって種蒔いたり、苗を移植したりする理由がお分かりになりましたでしょ?

やっぱい朝採りでなきゃね - つよし

2017/05/12 (Fri) 21:57:14

いよいよ明日は銀座!
200~250ℊ位の野菜パックを70~80個くらい作って持ち込む予定ですが、やっぱい『朝採り』とする事にしました。

明朝は小雨?土砂降り?
大事に採り残しして置いた紫や赤・ピンクの葉っぱ達は、大半を収穫します。こんなに色鮮やかなレタスを見た事も食べた事もないに違いない東京の人たちに朝採りで届けます。

グレーのGパン、黒のTシャツ、青の長袖スタイル。
店の駐車場を終日使っても構わない・・・とのご厚意。
車の中に麦わらも持参です。
https://www.garow.me/users/restaurant_iconic/4109750092

最高の一日 - つよし

2017/05/23 (Tue) 02:15:30

並木通りの真ん中と分かったのは2時間位経って、女性スタッフに場所を聞いてから。
表通りは名立たる屋号の看板だらけです。

大ホール入り口には、前日送った野菜がステン製のきれいなワゴンに飾られていて大感激。
『俺の野菜がこんな特等席?!』。

11時からのランチタイムは延々4時まで。
ギリギリまで帰ろうとしない客たちに売る台も、ステン製のキラキラ輝くワゴン。
販売のお手伝いに来てくれたシェフの娘・息子さんと一緒になっての『銀座の野菜売り』。
売れても売れなくてもメッチャ楽しい時間。
皮算用の半分売れませんでしたが、客たちは誰もが『サラダ野菜美味しかった』。

来客入館でざわつく頃は、エレベーター前での清掃手伝い。
傘の雫でビショビショとなった床をモップ持っての拭き取りです。合間には長崎や霧島出身だと言う若いスタッフ達と楽しいお喋り。
総勢12人だとの事でしたが、それぞれが堂々と振る舞いながら何とも素敵な動き、身こなしを見せていました。それこそ一分の隙もありません。

『大木さんの野菜あってこその自分の料理だと思っています』って、開店前全員ミーティングでのシェフ。
どのスタッフも、真っ黒に日焼けしてとても銀座には似つかわないこのジジにも最高の笑顔で接してくれましたよ。

アイタコラアイタコラよっと - つよし

2017/02/14 (Tue) 18:33:27

八街市の農家が、西瓜トンネルに1回だけ使った幅広のビニールを取りに来れば幾らでも持ってっていいよ!との事で、朝一番に貰いに行きました(往復2時間近く)。
75mと50m長さの物がきれいに畳まれてあって、全部で千メートル位?2~3年掛かっても使い切れない量です。

猪にしても椎茸原木にしても猪にしても、畑仲間の宮大工棟梁からの情報・口利きで、有難い限りです。
ドラム缶燻製器を作ってくれたのも畑仲間の元船長。
人の情けの有難さを改めて噛み締めている最近。

帰ろうと思っているところへシェフ二人の畑来訪。
4時を過ぎて冷えが始まると背中・腰が痛くなって来る毎日で
アイタコラアイタコラよ!と唸りながらの対応でした。

4時が限度? - つよし

2017/02/16 (Thu) 18:25:18

7時半頃からの畑はお昼1時間を除けばフルタイム。
畑内あちこちウロウロしながら、あれやってこれやって・・・

そいでもやっぱい4時が限度みたい。
最近は首元にもホッカイロを貼っているのに効果無くなったみたい。
帰宅してマッサージに行く!と気張って帰っても、風呂に入れば意気消沈。
ショチュ飲んでゆっくいした方がいいや・・・で、またしても今夜もマッサージ通い無しでした。

暑くなったから? - つよし

2017/05/23 (Tue) 01:48:14

連日のマッサージ通いからやっと解放された様な昨日今日。
日暮れ前の涼しい風が吹くと痛くなって堪らず、4時~4時半頃には端家退散の毎日でしたが、やっと少しは改善されたのか?
今日は6時半前の粘りでした。
このままずっと続いて欲しいのですが・・・。

腰背中さえ正常ならば、まだまだ幾らでも頑張れるのにね。

夕方採って朝採って - つよし

2017/05/06 (Sat) 20:02:25

陽気につれて沢山のサニーレタスたちがいっぺんに成長となって、出荷が追い付かないくらいの忙しさです。
夕方採った葉っぱを夜10時頃まで掛かってパックク詰めして、朝の道の駅やヤオコー・イオン等に出荷。
翌朝にはまた採りに行って、開店前の9時過ぎにはまた出荷。

いっぺなって育てた葉っぱたち。
いっぺこっぺなって稼ぎます。

シェフたち4人と - つよし

2017/04/24 (Mon) 22:07:52

https://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12033451/
https://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12002897/
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13045230/
遠くは東京・恵比寿からと市川・船橋のそれぞれの店でシェフやアシスアントとして頑張っている4人が『竹の子を掘りたい!』と、早朝からの来報でした。竹藪に1時間くらい?まあまあの収穫となって『初めて竹の子掘った!』と。
畑に回ってはジャンボにんにくを丸かじりしてみたり、葉っぱをムシャムシャと喰らってみたり。
こちらにとっては嬉しい行為ばかり見せてくれた4人でした。

カカの用意していたサンドイッチや大盛りのサラダもお代わりしながら平らげてくれたし、最高に楽しい半日となりました。

今日此処のお二人 - つよし

2017/04/26 (Wed) 19:39:23

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12032915/
2週間ほど前に試食野菜を持参して、つい先日に初めての注文を頂いた店のお二人が『竹の子掘りたい!』と。

畑仕事は潰れてしまっても、これも大事な『営業活動』?
先々に、必ず繋がってくれますでしょ!?

滅茶苦茶多忙な - つよし

2017/04/29 (Sat) 05:20:10

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12030187/
この店の料理長から『今日、休み取れたのでこれから竹の子掘りに行きたい・・・10:00にはそちらに着ける』と電話あったのが08:02.
『猪獲れた。取りに来てよ!』との山向うからの連絡は08:04。
10時までの間に猪捌き終える筈も無く、取敢えず貰い受けに走り、皮を剝がし終わった頃に来客の到着。
温かいお日様の真下に放置出したまま出迎えに帰宅。
竹の子掘りの案内は畑仲間に頼んで、解体の継続。
全部を捌き終えた11時過ぎには、竹の子いっぱい採って満足そうな笑顔で戻って来られて、今度はランチに自宅へ。

客人と、今日が初めてのパン教室だった地元と東京からの若いご婦人二人とカカの焼いたパンと山盛りのサラダでランチ。
若いお二人のお喋りの楽しさに圧倒されながらの、いつもより長いランチタイム。
ついにはお二人も、『野菜畑行きたい!竹の子掘りたい!』って事になって。
畑では同じ市内に住む幼馴染の同級生が知人を連れて、『きのこ名人と一緒にきのこ探しに来たんだ』。
梅林の中にご婦人二人も一緒になって行ってみると、ナントカって食用のきのこがあちこちに群生。
東京からの彼女は『和食とフレンチの知人の店に持って行く!』っと言いながら、竹の子掘り同様に大はしゃぎしながら次々にきのこを袋に入れて行きます。

鶏糞を頼んでいた養鶏場の兄ちゃんからの連絡は14:47.
大急ぎでまた畑に戻って2トン車1台の鶏糞を貰い受け。

みんなが帰宅終えた4時過ぎからは銀座からの注文野菜を採って、千葉市内への配達途中に発送。
千葉からの帰りは、カカも朝からのパン焼きでくたびれ果てていたので、途中の韓国料理店で晩飯。
自宅帰着は8時過ぎで、何とも多忙な、楽しい一日でした。

畑での1枚。デレーっとしたのは何処のジジでしょ?
賑やか過ぎるくらいの彼女は、ひい爺ちゃんはブラジルで稼ぎ、爺ちゃんはアメリカに渡り、アメリカでの生まれ育ちなんだそうです。13日の銀座フレンチには野菜買いに来てくれるんだって。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.