【わがれんむいの掲示板 兼 百姓日記】

わがれんむいのけいじばん
兼 百姓日記


※投稿の際、編集/削除キーを設定すると編集削除に便利です
※画像のアップロード可能な最大ファイルサイズは、500KBです
※迷惑投稿対策に禁止ワードを設定しました(16/7/24)

堆肥 - つよし

2017/08/25 (Fri) 19:05:26

4トン車満載の、来季用の堆肥が届きました。
5㎞ほど離れたドリンク製造工場の産業廃棄物・茶殻です。
今度のは全部がウーロン茶の茶葉です。

これからしっかりと切り返しをやりながら熟成させて最高の
堆肥をつくります!

それにしても運転手の臆病な事。
もう1m、奥へタイヤを進めてくれたら何もする事は無いのに!
いつも一輪車何台分もが農道にあふれ出して、こちらは暑い夕陽の中でフォークで飛ばしたり、大変な重労働でした。

重症 - つよし

2017/08/30 (Wed) 00:05:52

路面はみ出しの堆肥を必死で飛ばした30分間のタタリ。
たったの30分だったのに腰背中にてき面に来てしまい、
この2~3日はまたまた『アイタコラ アイタコラ』と背を
かがめながらの日常となってしまいました。

そいでも座って前かがみになりながら種を蒔かなきゃならん、
如雨露で80㍑の水を朝晩撒いて回る、一輪車で堆肥運ぶ。

こいじゃあ後5年だって続けられんがね~

畑で足湯? - つよし

2017/08/31 (Thu) 18:37:20

完熟堆肥が、これからのレタス類にニンニクやラッキョウ等秋野菜の植え付けにどう見ても半分以下しか残っていません。
一大事!
急遽、運んで来たばかりの生堆肥を熟成させる事になりましたが、幾ら急いだって3ケ月以上は係るのに。

万鍬で起こしてフォークで飛ばしながらの切り返し作業。
手作りの土壌活性液を如雨露で撒きながら、取敢えず一輪車2~30台分?

昨日の夕方は気温30℃。
足元の長靴は発酵熱で滅茶苦茶な熱さ。計ったら60℃以上。
こりゃあ足湯だわい!と、熱いのを我慢しながら1時間超。
帰宅後に疲れが全然出なかったのは、この足湯のお陰?

4トン車分全量の切り返しを数日以内に切り返し終わらせるつもりです。
http://emlabo.co.jp/em/guide/02/

快調? - つよし

2017/09/15 (Fri) 00:41:50

写真右はカカが中学時代に叔父さんからプレゼントされたと言う超時代物す。部品ももう手に入りませんが、しっかりとした現役・働き者です。
左は2~3日前に長男が贈ってくれた最新型。

カカの古い物を借りてピコピコ・ビリビリをし始めてから、まだ10日と経っていませんが、その効き目にビックリ!
マッサージに連日の様に通っていたのがピタリと止まってしまいました。こんな事ならもっともっと前から使っておれば良かったのに、カカから勧められるのを半信半疑で聞き流しの結婚以来30年以上でした(この間、マッサージ・整体通いに投じた治療費は膨大な金額!)

この堆肥の山の大半を切り返し(米糠と油粕を混ぜながら)終えたのに、今日も2~3時間以上鍬とフォークで投げ飛ばしていたのに、腰背中のアイタコラ!アイタコラよ!が嘘みたいにきまし消えてしまいました。
昼の休憩時や晩飯後の寛ぎ時間にピコピコ・ビリビリ。
痛みの芯の部分はまだまだ残っていますが、効果有り!です。

らっきょう・にんにく植え付けに一輪車で何十台分もの堆肥・鶏糞をまだまだ運ばねばなりませんが、お陰で楽チ~ン!!

絶好調? - つよし

2017/09/30 (Sat) 01:25:54

ニンニクとラッキョウ、レタス・チコリ類の植え付けにいっぺこっぺの連日。
一日置きに33mの畝作りに一輪車10数台の堆肥を運んでは耕運機で耕し、平らに整地して黒マルチを張ってからの植え付けを繰り返していますが、腰背中の痛みや疲れはどこかに飛んで行ったみたい。
畑退散時になる頃に、『ダレ(疲れた)たあ』と感じるくらいで
仕事の激しさに比べたらゼッコウチョウとも言うべき毎日です。
お陰で堆肥を存分に投入出来て、今から来春の収穫が楽しみで
ならないところです。

ラッキョウとニンニクを後もう1列ずつ。
球根野菜の植え付けはこれで完了です。

2台目 - つよし

2017/10/01 (Sun) 20:55:31

今季2台目の4トン車満載の堆肥です。
今度は農道に溢れる事もなく、バッチシの卸し方でした。

米糠や油粕と混ぜ混ぜしながら、これからまた堆肥作り。
最高の堆肥を作って、最高に美味しい野菜を作りましょ!

3台目 - つよし

2017/11/13 (Mon) 18:19:56

今季3台目の茶殻堆肥です。
いつもの様に用心深いドライバーは3分の1程を路上にこぼして。30分以上かけての片付けは毎回ながら重労働です。

7トン車満載の茶殻にこれから油粕や米糠、鰹節出汁殻等を混ぜながら切り返しします。
無化学肥料での栽培は、この堆肥を1畳当り一輪車1台も運べば
十分に成り立ちますが、無農薬栽培だけは非常に苦しいです。

美味しくて病人幼児等誰でも食べて貰える安全な野菜の為には、これからもいっぺこっぺ頑張りましょ!

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.